歯医者でのインプラント、ホワイトニング治療で美しい歯を手に入れる

歯医者の概要

haisya

歯医者とは主に歯を専門に治療する歯科医院・クリニックの医者のことである。歯科医院では患者を治療する中心的な存在で、医療施設によっては歯科衛生士などを雇用していることも多い。
歯科医の行う治療は一般的な治療である虫歯や歯周病口腔外科手術まで多いが、その多くは一般的な治療をおこなっている。
この歯科医になるには国家資格を取得する必要があり、多くの場合は歯学部のある大学に入学して学び、国家試験を受験する事になる。

歯医者の概要

歯医者になる場合には歯科大学や歯学部にある大学に入学する必要がある。
それらの講義内容は患者の尊厳や、医の倫理、歯科医師の責務、インフォームドコンセントなど他の「基本事項」、社会の概念、健康と社会・環境、歯科医師法・関係法規、保健・医療・福祉制度、医療統計など他の「基本事項2」、
生命の分子的基盤、生命を構成する基本物質、遺伝子と遺伝など他の「生命科学」、素材と機械・器具の所要性質、成形と成形用材料の「歯科生体材料と歯科材料機械」、診療の基本、基本的診療技能、画像検査など他の「臨床私学教育」、医療面接、診察の基本、バイタルサイン、頭頚部の診察など他の「臨床実習」である。

歯科医師国家受験

teeth

歯医者になる際には歯科医師国家試験を受験することになる。
歯科医師試験の改定は4年に1度となっており、マークシートを使ったもので実技試験や記述試験は平成26年度版の試験内容では行われていない。
選択方式は5つ答えから1つの正解を選ぶ「Aタイプ」、5つのタイプから2つの正解を選ぶ「X2タイプ」、5つの選択肢から正しいものすべてを選ぶ「XXタイプ」があり、年々難易度が上がっているとされる。
これは平成19年(2007年)の歯科医師国家試験制度改善部会検討報告書での改善すべき事項を現実化したものである。